ガールズバーは1人でも大丈夫?1人入店の注意点や楽しみ方を解説

公開日: 2023年12月25日 最終更新: 2024年1月4日

ガールズバーは1人でも大丈夫?1人入店の注意点や楽しみ方を解説

「ガールズバーに行きたいけど、1人で入店しても楽しめるのかな?」と、お店に行くのを迷ってしまう男性は多いのではないでしょうか。

 

ガールズバーは「友だちや同僚など複数人で行く場所」というイメージもあるかもしれませんが、実は「おひとり様」を歓迎するお店は多いです!

 

この記事では、ガールズバーで楽しく1人飲みするコツや注意点を解説! 知っておくべきお店のシステムや遊び方も併せて紹介するので、1人でガールバーに行ってみたい人はぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めばわかること

  • ガールズバーに1人で入店できるかがわかる
  • ガールズバーの楽しみ方や仕組みがわかる
  • 1人でガールズバーを楽しむためのコツや注意点がわかる

ガールズバーは1人で入っても大丈夫?

「そもそも、ガールズバーに1人で行っていいの?」という疑問を抱く人は多いですが、ガールズバーに1人で入店しても基本的には問題ありません!

ガールズバーは1人でも入店OK

ガールズバーは「大勢でワイワイしたい人」「1人でまったり過ごしたい人」などさまざまなニーズが満たせる場所です。 「1人で女の子とゆっくり話したい」というお客さんも珍しくないので、お店側はあなたが1人で訪れても歓迎してくれますよ。

 

1人で行く場合は、周囲を気にせず自分の思い通りかつ予算内でガールズバーを楽しみやすいので、複数人とは違った満足感が得られるでしょう。

混んでいるときは新規の入店を断るお店もある

ガールズバーは基本的に1人での入店を歓迎しているものの、お店が混雑している場合の入店は断られる可能性があります。


たとえば、忙しい時間帯に新規客が1人で入ろうとすると、「すいません、今の時間は2名以上からの来店なんですよ~」といった形でやんわり断られてしまうことがあるのです。

 

お店が混んでいるときにおひとり様が断られやすい理由は、「お店の効率が悪くなるから」です。

 

ガールズバーの接客は、「1グループに対して1キャスト」といった形で、女の子が入れ替わりでつくのが一般的。団体客の場合はキャスト1人でグループ全員を接客できますが、個人客の場合は1対1の接客になるため、状況によってはキャストの人数が足りなくなるおそれがあります。

 

お客さんにキャストがついていない状況を避けたいお店は、混雑している時間帯に1人客の来店を断る傾向があります。

事前に電話で混雑状況を確認しておこう

1人でガールズバーに行きたいときは、お店が混んでいると入店できない可能性があるので、事前に電話で混雑状況を確認しておくのがおすすめです。 電話で確認することで、お店の混雑状況がタイムリーに把握できます。

 

電話で確認する際は、「今から1人で行きたいんですけど、席は空いていますか?」といった感じで問い合わせると、お店側もあなたの意図を汲み取ってスムーズに話を進めてくれるでしょう。

1人入店時のポイントまとめ

  • 原則、1人で入店しても大丈夫
  • 混雑時は断られる可能性もある
  • 事前に電話で確認しておくと安心

そもそもガールズバーとは?料金システムの仕組みとは?

1人でも入店できることはわかりましたが、そもそもガールズバーとはどんなお店なのでしょうか?

 

ここからは、ガールズバーの基本情報や料金システムなどを解説します。

ガールズバーは女性キャストとお酒が飲めるところ

ガールズバーとは、女性バーテンダーで構成されたバーのことです。 女性バーテンダーたちは「キャスト」と呼ばれ、カウンター越しに接客を行います。お酒や簡単な料理が楽しめるのは通常のバーと同じですが、ガールズバーは基本的にお客さん1組につきキャストが最低1人はついて、トークしてくれます。

 

お店が空いている時間帯に来店すれば、1人のお客さんに対して複数のキャストがついて贅沢なおもてなしが受けられることも! お客さんはついてくれたキャストにドリンクを出すことができ、一緒にお酒を飲みながらトークを楽しめるのが、ガールズバーの醍醐味です。

 

なお、キャストの服装は私服が一般的ですが、コンセプトを設けているガールズバーではバニー姿やパジャマ姿といったコスプレ衣装を着ていることもあります。

ガールズバーの料金システム

ガールズバーに行くときに気になるのが料金システムですよね。どのような料金システムになっているのか、事前に把握しておきましょう。

 

ガールズバーの料金システムは主に「飲み放題チャージ制」と「1ドリンク制」があります。

飲み放題チャージ制

飲み放題チャージ制とは、居酒屋の飲み放題コースのように、時間内であれば指定されたメニューのドリンクが飲み放題になります。

 

金額を気にせずたくさん飲みたい人やお酒に強い人に嬉しいシステムで、料金相場は60分3,000円ほどです。

1ドリンク制

1ドリンク制は、ショットバーのように席料と1ドリンクの料金が発生します。サッと1杯だけ飲みたい人やお酒をあまり飲まない人に向いており、料金は60分2,500円ほどが相場です。

 

  チャージ制 1ドリンク制
飲み放題

料金相場

60分3,000円程度 60分2,500円程度

女性キャストへドリンクをおごるシステムがある

ガールズバーでは、チャージ制、1ドリンク制を問わずキャストドリンク代が発生します。 キャストドリンクとは女性キャストが飲むためのドリンクのことで、お客さんが支払います。

 

料金相場は、1杯につき800円~1,000円ほどです。

 

もちろん、キャストドリンクをおごってあげるかどうかはお客さんの自由なので、キャストドリンクを出さなくてもルール違反ではありません。とはいえ、ガールズバーでは、ついてくれたキャストの接客等に不満がなければドリンクをおごってあげるのが一般的です。

1人でガールズバーを楽しむためのコツ

ここからは、1人でガールズバーに行くなら知っておきたい、楽しむためのコツを紹介します。主に、以下の4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

楽しむためのコツ4選

  • できれば初回はグループで行く
  • 混雑していない時間帯を選ぶ
  • 女性キャスト全員と仲良くなる
  • 常連になる

できれば初回はグループで行く

初めてのお店に行く際は、1人ではなく2人以上のグループで行くのがおすすめです。 いきなり1人で行くと入店を断られる可能性がありますが、グループなら曜日や時間帯を問わず断られにくくなります。

 

また、初対面のお客さんと1対1で接客となれば、いくら仕事とはいえ緊張するキャストもいます。グループなら打ち解けやすく、初回からトークが盛り上がりやすいです。

 

まずは複数人で来店して良い印象を残しておけば、次回以降の1人での来店時に断られにくくなります。キャスト側もわざわざ1人で来店してくれた見知ったお客さんに対して、「お店を気に入ってくれて嬉しい」と好印象を持つため、会話が弾んでより仲も深まるでしょう。

混雑していない時間帯を選ぶ

ガールズバーが混雑していない時間帯であれば、1人でも入店可能です。一般的にガールズバーが最も忙しくなるタイミングは、20~24時ごろといわれています。また、金・土曜日は、24時以降も忙しいお店も多く、祝日前は深夜帯までピーク時間が続く傾向にあります。

 

一方で、平日のオープン~20時ごろはお店が比較的落ち着いているため、女の子とゆっくり話したい人は早めの来店がおすすめです。 お店が混雑していない時間帯を狙えば、1人でもスムーズに入店できて、キャストとじっくり会話やお酒が楽しめますよ!

 

ちなみに、深夜2時以降も営業しているお店であれば、客足が少なくなる終電後に来店するのもアリですが、この場合は出勤できるキャストも少なく、好みの女の子が見つからない可能性があります。

女性キャスト全員と仲良くなる

ガールズバーにはキャバクラのような指名制度はなく、色々なキャストが入れ替わりで接客するのが基本です。 特定のキャストとのみ親しくなるより、キャスト全員と仲良くなったほうがいつ入店しても楽しい時間が過ごせます。

 

ガールズバーはアットホームな雰囲気を売りにしており、その雰囲気込みで楽しむ場なので、ぜひ1人1人のキャストとじっくり話をしてみてくださいね。

常連になる

気に入ったお店やキャストを見つけたら、そのお店に通い詰めて常連になるのも、1人ガールズバーを楽しむコツです。

 

色々なお店を渡り歩くより一つのお店に足しげく通ったほうが、キャストはいち早く覚えてくれます。キャストから「お得意さん」として認知されれば、他のお客さんよりも大切に扱ってもらえる場合があります。

 

また、他の常連客とも顔見知りになって仲良くすることで、お店が忙しくて万が一キャストがつかない瞬間があっても孤独を感じにくいでしょう。

 

常連客になるコツは「初来店後、できるだけ間隔を空けずに数回は通うこと」です。高頻度で来店すればキャストの記憶に残りやすく、すぐに顔を覚えてもらえます。

1人でガールズバーを楽しむための注意点

続いて1人でガールズバーを楽しむための注意点を解説します。

楽しむための注意点2選

  • 1人の場合は料金が割高になる場合がある
  • 迷惑行為は絶対にNG!

1人の場合は料金が割高になる場合がある

お店によっては、1人で来店したお客さんに対してセット料金を割高に設定しているガールズバーもあります。

 

お客さんが女の子と楽しく会話できるのが大前提であるガールズバーは、限られたキャストの数でいかにお客さんへ平等にサービスを提供できるかを重要視しています。そのため、何人で来店しても、たいていは最低1人のキャストをつけます。

 

しかし、大勢のグループ客ならキャスト1人で対応できる一方で、1人で来店したお客さんにはマンツーマンで接客せざるを得ないため、キャストの人数が足りなくなることもあります。

 

そのため、お店は1人のお客さんへのセット料金を高めに設定しているのです。

迷惑行為は絶対にNG!お酒を飲む量はほどほどに

当たり前の話ですが、ガールズバーでの迷惑行為は絶対NGです。以下のような迷惑行為は、キャストから嫌われて出禁になる可能性があります。

ガールズバーにおける主な迷惑行為

  • キャストと店の外で会おうとする
  • 無理にキャストの連絡先を聞こうとする
  • キャストに触れる
  • 自慢話や説教をする
  • 他のお客さんにからむ

しつこくデートに誘ったり許可なく触れたりするのは、ガールズバーでは御法度です。節度を持った対応を心がけましょう。また、延々と自慢話や説教をするのも、キャストをうんざりさせてしまうので注意してください。

 

お酒を飲みすぎる癖がある人は特に注意してください。お店に迷惑をかけず、お酒はたしなむ程度に抑えることを意識してくださいね。

まとめ

ガールズバーは、基本的にマナーを守って飲めるお客さんであれば人数を問わず歓迎してくれます。 1人で来店するお客さんも珍しくないので、興味がある人はぜひ1人で行ってみてください。

 

来店する際は、「混雑時は避ける」「できるだけキャストドリンクを出す」「色んなキャストと仲良くする」など、楽しむためのコツを事前に頭に入れておくようにしましょう。

 

最初は緊張するかもしれませんが、キャストとじっくり話せる楽しさを知ることで、ガールズバーでの1人飲みにハマってしまうかもしれませんよ。