キャバ嬢とLINEで仲良くなろう!交換方法や営業ラインの見分け方をご紹介!

公開日: 2022年2月8日 最終更新: 2022年5月20日

キャバ嬢とLINEで仲良くなろう!交換方法や営業ラインの見分け方をご紹介!

「キャバ嬢さんと仲良くなりたい!」
こう思っている男性の方は多いと思います。
時間とお金を使ってキャバクラに行くのなら、せっかくだったらキャバ嬢さんと仲良くなってより濃密なひと時を過ごしたいですよね。
では、どうやったらキャバ嬢さんと仲良くなれるの?といった内容をご紹介していければと思います!

キャバ嬢と仲良くなる方法として結論は《LINEを本気で行うこと》!
 

「ラインを制するものはキャバクラを制する」とまで言われているくらいLINEを本気で行うことは、女の子と仲良くなるうえで非常に重要です。
とはいえ「キャバ嬢さんのラインって全部営業なんじゃ…」「そもそもラインをすること自体、キャバクラ店に迷惑なのでは?」
という不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は【夜遊びショコラ編集部】が『キャバ嬢さんとラインを行っていく上で仲良くなる方法』にお答えしていきます!
『営業ライン・脈ありラインの見分け方』や、実際にキャバクラで働いているキャストさんから見た『好感度なラインテクニック』もご紹介しているので、ぜひ最後まで見ていってくださいね!

キャバ嬢とLINEを交換するのはOK?

「キャバ嬢さんとラインを交換したいけど、お店やキャストさんとトラブルの原因にならないかな…」
と不安になって、キャバクラに行ってもLINEをなかなか交換できない方も多いのではないでしょうか。

結論を言ってしまえば《LINEは交換して全然OK》です!
LINEを交換することはキャバクラ店にとってもキャバ嬢さんにとってもメリットがあるため「ラインを交換しよう」と言って、嫌がるキャストさんはほとんどいません!
むしろお客さんからのLINE交換をうれしく感じるキャバ嬢さんも多いとか!

キャバ嬢さんによってはLINE交換を行っていない子もいますが、少なくともキャストさんに「ラインを交換したい」と言ったところで、キャバクラ店から嫌われることはまずありません。
なので気になった女の子がいれば、積極的にLINE交換をしてみましょう!

ちなみに、LINE交換の仕方は単純で「ラインを交換しようよ!」とキャバ嬢さんに聞くだけでOK!
会話の中で聞いても良いですし、キャバクラを退出する際に聞いても大丈夫なため自分のタイミングでLINE交換を行いましょう。

キャバ嬢がLINEを交換したがる理由とは?

ではなぜキャバ嬢さんはLINEを交換したがるのでしょうか。
それはお店に来てもらいたいから、つまり『営業』なことが多いです。

お客さんからの指名が増えると自分に入るお給料も増えるため、積極的にお客さんとやり取りしてお店に来てもらい「本指名をしてもらう」という目的でLINEを使っているキャストさんが大半です。

なので、キャバ嬢さんからLINEが来たからと言って「俺のことが好きなのかも!」と思うのはご法度!
ほとんどの場合はキャバクラの営業LINEとして送っているため、好かれていると勘違いしてLINEを返してしまうのは危険です。

キャバ嬢さんがLINEを使う主な理由は『働いているキャバクラ店に来てほしい』から。
基本的には営業目的で使っているということを覚えておきましょう。

ただ後ほど詳しく解説しますが、営業LINEを“脈あり”LINEにすることは十分可能!
なので気になっているキャバ嬢さんがいるのなら、積極的にLINEを交換してやり取りしていくことをオススメします!

キャバ嬢のLINEは全て営業LINE?

キャバ嬢のLINEは全て営業LINE?

キャバ嬢さんからのLINEはすべて営業と思われがちですが、実はそうでもありません。
キャバクラで働いているキャストさんの中には「お客さんに好意を持ってラインを送っている」という子もいます!

また最初は営業だったけど、LINEを続けていくうちにだんだんと好意を持ち、最終的には恋人のようなやり取りしているというパターンもあるとか!

そのためキャバ嬢さんからのLINE=営業LINEと決めつけずに、気になっている女の子がいればどんどん返信して仲良くなっていくことをオススメします。

こんな場合は注意!営業LINEの内容3選

お客さんに好意を持ってLINEをしているキャバ嬢さんはいますが、やはり営業目的でLINEを使っている女の子が多いのは事実です。
なのでここからは『キャバクラキャストさんの営業ライン』を3選、ご紹介していきます!

営業LINE①:「お店に来て!」「会いたい!」

例:「お店に来てほしいなぁ~💖💓」
「今日会いたい!💕」
キャバ嬢さんとLINEを交換して初めてのメッセージが「お店に来てほしい」だったら、ほぼ間違いなく営業LINEと思って良いでしょう。
というのも、先ほども申し上げた通りキャストさんはキャバクラの営業でLINEを使っているパターンがほとんどで、最終的な目的は本指名で働いているキャバクラ店に来てもらうこと。
なのでストレートにお店に来てほしいことをLINEで言ってくる時点で、ほぼ営業LINEです!

また、直接じゃなくても「会いたい」という連絡が来た際も営業LINEの可能性大!
「お店に来て」「会いたい」のLINEは『ほぼ営業ライン』なので、注意が必要です。

ですが、最初から好意を持ってLINEを送るキャバ嬢さんはほとんどいません!
始めはキャバクラからの営業LINEだったとしても、その後のメッセージ次第で『付き合える』可能性は十分にありますよ!

 

営業LINE②:「さみしい~」

例:「今日お客さん少ない💦」
「さみしいよ~~😢😢😢」
「さみしい」等のLINEを送ってくるキャバ嬢さんも、営業LINEである可能性があります!
さみしいLINEは「今指名してくれるお客さんがいないから、お店に来て私を指名して」という意味があり、結局のゴールはキャバクラ店に来てもらい“本指名”を貰うことが多いです。

もちろん本当にさみしくて「会話相手になってほしい」と思いLINEを送っているキャストさんもいるとは思いますが、多くの場合は営業LINEであることは覚えておきましょう。

ただこちらのパターンは営業っぽさがあまりないので、その子があなたを気に入っている可能性も十分にあります!
なので「さみしい」というLINEが届いたら、実際にお店に遊びに行ってみてもいいかもしれません!

 

営業LINE③:「コピペ」

例:「今日のご飯はカレーです✨」
「本日出勤しています!!」

お客さん全員に一括送信(いわゆるコピペ文)を送っているキャバ嬢さんも営業LINEの可能性があります!

以下の特徴を持ったLINEは、コピペで送っているかもしれません。
・キャバクラ店の情報しかないLINE
・返信がいらないようなLINE
・挨拶だけのLINE

キャバクラで働くのはかなり忙しいため、ある程度コピペLINEになってしまうのは仕方がありませんが、あまりにもコピペ文しか届かない場合は注意が必要。

ただ最初はコピペだったとしても、丁寧にLINEを返信することでだんだんと仲良くなることは十分可能ですよ!

営業LINEの内容はどんなもの?

営業LINEの内容としては、以下の通りです。

・「お店に来て!」「会いたい!」
・「さみしいよ~」
・「コピペ文」

また、ほかにも
・新人キャバ嬢さんからのLINE(一人ひとりに寄り添ったLINEをする余裕がない)
・キャバクラ店の営業開始直前に来るLINE(お店に呼ぶためにLINEを使っている可能性が高い)
・お仕事以外での返信がないLINE(シンプルにキャバクラの営業でしかLINEを使っていない)
これらの特徴を持ったLINEも営業である可能性が非常に高いです!

ただ覚えておいてほしいのが、キャバ嬢さんのほとんどがお客さんに対して営業LINEを使っているという点です!
キャバクラのキャストさんもお仕事としてLINEを取り組んでいるので、どうしても営業LINEになってしまうのは仕方がありません。
また最初は営業LINEでも、やり取りをしていくうちに仲良くなって『付き合えた』というケースもあったりしますよ!

キャバ嬢から脈ありLINEが来ることもある?

キャバ嬢から脈ありLINEが来ることもある?

 

ではキャバ嬢さんから営業以外のLINE、つまりは“脈あり”LINEが来ることはあるのでしょうか?

結論は《YES》です!

確かにキャバクラで働くキャストさんからのLINEは営業の場合がほとんどですが、本当に好きな相手には脈ありLINEを送ることもあるとか!

また最初は営業でも、LINEをしていくうちに仲良くなって徐々に脈ありになるというケースも少なくありません。

なので気になっている子がいるなら、積極的にLINEを行っていくのもオススメです!

キャバ嬢から来る脈ありLINEの内容3選

ここからは『脈ありラインの内容』を3選ご紹介していきます!
以下のようなLINEが届いたら、そのキャバ嬢さんから気に入られているかも…?
また『脈ありラインの見分け方』も一緒にご紹介します。

脈ありLINE①:「特別に送ってくれているライン」

例:「○○さん誕生日おめでとぉ~~!!🎊🎊」
「たしか○○さんってゴルフが趣味だったよね!⛳」

誕生日であったり趣味の話であったり仕事の話であったり《特別に送ってくれているLINE》は、脈ありの可能性があります!

先ほどコピペ文が営業という話をしましたが、逆に言うとコピペじゃなくてあなただけにLINEを送っている時点で、そのキャバ嬢さんはあなたに気があるかもしれません!

実際にキャバクラで働いているキャストさんに話を伺ったところ、気になったお客さんには1回1回しっかり考えてからLINEを送っているそう。

なのでキャバ嬢さんから特別感のあるLINEが届いたら脈ありの可能性があるため、こちらもしっかり返信してメッセージを続けていきましょう!

 

脈ありLINE②:「質問ライン」

例:「○○さん今日は何していたの~❓」
「休日は何して過ごしているんですか~!?」

質問をしてきたメッセージは、脈ありの可能性が高いです!
というのもキャバクラで働いているキャストさんはお忙しい方が多く、お客さん一人ひとりにLINEで質問している時間はありません。
そんな中あなたには質問をして会話を続けようとしている、ということは…

そう!あなたに気があるかもなんです!

そもそもその人のことが気になっていないと、わざわざ質問LINEなんて送ってきませんよね。
それでも送ってくれているということは「あなたとはラインを続けたい!終わらせたくない!」と思ってくれている可能性が十分にあります!

なので、もし『質問ライン』が来たらチャンス!
積極的に返信し、その子との距離を一気に縮めちゃいましょう。

 

脈ありLINE③:「同伴・アフター以外でのお誘いライン」

例:「今週の日曜、一緒にご飯行きましょ~!!😄」
「同伴じゃなくても○○さんと遊びたいです!!」

キャバクラには同伴・アフターというシステムがあります。
同伴は出勤前のキャバ嬢さんがお客さんと食事やショッピングで楽しんだ後、一緒にキャバクラ店に行き接客を行うというもの。
アフターはその逆で、キャバクラ店の営業終了後にキャストさんとお客さんが一緒に遊びに行くことを言います。

同伴でもアフターでもない時にキャバ嬢さんからお誘いLINEが来たときは、脈ありの可能性が非常に高いです!

というのも、キャストさんにとって同伴やアフターはキャバクラのお仕事としてのメリットがたくさんあるのですが、それ以外で会うことは基本的にはメリットがありません。
それなのに誘ってくるということは「プライベートの時間を使ってでもあなたに会いたい」と思ってくれているかもしれません!

なので『同伴・アフター以外でお誘いライン』が来た際は大チャンス!お誘いに乗ってあげ、チャンスをものにしましょう。

 

※脈ありLINEの見分け方

脈ありLINEの見分け方として、一番重要なのが『相手がラインを続けたがっているか』という点です!

返信が「そうなんだ~」などの一言で終わっている場合は営業の可能性が高いですが、逆に「へぇ~そうなんだ!じゃあ…」というふうに、返信が二言以上だと会話を続けたがっている、つまり脈ありかもしれません!
脈ありの状態でLINEをやめてしまうのは非常にもったいないので、相手がLINEを続けたがっているかどうかは意識して見てみましょう!

キャバ嬢からLINEが来た場合どんな返信をしたら良い?

キャバ嬢からいざLINEで連絡がきた時、こちら側はどう返信すればいいかもここでチェックしておきましょう!

最初に説明しましたが、基本的にキャバ嬢からすれば、LINEのやり取りも仕事の一部です。
あなたがいかに良いお客さんであっても、キャバ嬢からすればすべては次の売り上げにつなげるための活動というのは大前提。
営業ではないLINEが欲しいのであれば、まずは「営業LINEの相手」から「大事にしたいお客さん」へ昇格する必要があります。
そのためには、いかにスマートに都合の良い返事をしてあげられるかが肝になります。

キャバ嬢への効果的なLINEの返信方法:希望を持たせる

たとえば「今日遊びに来て~」というようなLINEが来たとして、「今日は無理」で終わらせるのではなく、
「今日は行けないけど、来週あたりまた行くよ!何日なら出勤してる?」と、期待に応えてくれるお客さんはキャバ嬢からしてもありがたいものです。

と言っても無理に嘘をつくのではなく、しばらく行けないのであれば
「ちょっと仕事が忙しいから、来月までは難しいかも・・・!でもまた行きたいから、暇ができたらこっちから連絡するね」
と、遊びに行くという意思を見せてあげられるとGOOD!

 

キャバ嬢への効果的なLINEの返信方法:簡潔に返事をする

たとえば2~3行の内容に対して長文で返事してしまうと、女の子もげんなりしてしまいます。

また、ストレートに「来てください」とは言わない女の子もいます。
なんでもない世間話のような内容で送られてきたとしても、それに合わせて世間話だけで返すのももったいないです!
世間話に軽く合わせるついでに、さらっと次の出勤日も聞けたらスマートですね。
簡潔に、かつ冷たく思われない温度感で、キャバ嬢の知りたい答えを返してあげるのがベストでありマストといえます。

これはやっちゃダメ!NGなキャバ嬢への返信LINE

お気に入りの子とLINEできるということに舞い上がって、失敗しないようにも気を付けなければいけません。

NGなキャバ嬢への返信LINE:おじさん構文

絵文字モリモリ、句読点モリモリのいわゆる「おじさん構文」にならないように気を付けてください!
ただでさえネットでネタにされまくってるので、例に漏れずキャバ嬢からもネタにされること間違いなしです。
よくあるおじさん構文はこんな感じです。
 


特徴としては、
・「、」がやたら多い
・絵文字/顔文字がやたら多い

・謎の上から目線
・要求が一方的
・キャバ嬢からの返事が気に食わないと説教
・失礼な下ネタ

などなど…

文章の雰囲気を和らげるために多少の絵文字や顔文字はあってもいいですが、入れすぎると読みづらいうえに見事におじさん構文が完成してしまいますので、注意してください。
 

NGなキャバ嬢への返信LINE:下ネタ

下ネタも避けてください!
下心が伝わったらその時点で脈は薄れます。

こっちとしては何の気もない軽い下ネタのつもりでも、相手からすれば普通に気持ち悪く受け止められる、なんてのはありがちな話です。
客商売なので表向きはサラッと流してくれますが、内心では「よくいる下ネタがうざいお客さんの一人」にカウントされてしまいます。
「お互いに下ネタが許容できる関係性」であれば問題ないですが、お互いの距離感を見誤ってキャバ嬢との温度差に気づかないまま撃沈…なんてことになったら目も当てられません。(実際よくあるケースです…)

勘違いしてはいけないのが、「下ネタそのものがNG」という子もいますが、それ以上に大多数を占めるのは「距離感を図れないのに安易に下ネタをぶつけてくる人間性がNG」だということ。
あくまで紳士として女の子に向き合いましょう。
 
LINEでキャバ嬢から引かれてしまわないための文章作成のポイントとしては、

・頑張りすぎないこと
・どうでもいい連絡はしないこと
・送る前に一度、客観的に自分の文章を見直すこと


最悪、LINEのやり取りが苦手という方は無理にやり取りを続ける必要はありません。
出勤日を聞いて、遊びに行く前に報告するくらいの淡白さでも全然OK!
いちいち返事にこだわりすぎないくらいが、キャバ嬢からしても気楽で丁度良かったりします。

キャバ嬢から見た好感度の高いLINEテクニックとは

キャバ嬢さんから脈ありLINEが来ることは解説しましたが、むやみやたらにLINEを返すだけでは脈ありにはなりません。
キャバクラで働く女の子とのLINEを脈ありにするには、テクニックを駆使してメッセージを送る必要があります!

ここでは実際にキャバクラで働いているキャストさんの“生の声”をもとに《キャバ嬢さんからみた好感度なLINEテクニック》について解説していきます。

 

また、キャバ嬢さんにモテる良客になる為のテクニックはこちらの記事でご紹介していますので気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

≫キャバクラでモテる良客になるには?人気キャバ嬢に聞いた「リアルな生の声」!

 

LINEテクニック➀:相手に合わせる

LINEテクニック1つ目は《相手に合わせる》ということ!

LINEも、基本的には普段の会話とあまり変わりはありません。
実際の会話でも自分だけの話をしていたり、話が全く嚙み合わないと会話するのも嫌になってしまいますよね。

なのでLINEをする際は、まずは相手に合わせてメッセージを送ることを意識してみましょう!

話を合わせるというのは、例えば「自分の話をしすぎない」「質問にしっかり答える」「相手の興味がありそうな分野で質問する」などです。

『ラインでも相手に合わせる』ということは常に頭に入れてメッセージを送っていきましょう!

ゆうかさん
【MAISON CARREE(メゾン・カレ)】
中洲 ニュークラブ

ゆうか【MAISON CARREE(メゾン・カレ)】

Q.「男性にときめく瞬間はなんですか?」
A.「私に合わせてくれる時」

 『ゆうか』さんは、自分に合わせてくれる男性が好印象だそう!
LINEでも相手に合わせることを徹底すれば『ゆうか』さんのような素敵な女性もときめいてくれるかもです。
ぜひ、キャバ嬢さんにLINEを送る際は《相手に合わせる》ことを意識してみてくださいね!

LINEテクニック②:ギャップを作る

LINEテクニック2つ目は《ギャップを作る》ということ!

キャバクラで働く女の子が好きな男性ランキングで、必ず上位にあるのが『ギャップがある人』です。
特にLINEではギャップを作りやすいので、メッセージを送る際は意識してみましょう!

例えば、キャバクラに遊びに来た時は強面だったのにLINEではとても優しいとか、お店では頭が良さそうだったのにLINEでは天然とかですね。

ギャップを意識的に作るには慣れが必要ですが、できるようになるとどんなキャバ嬢さんとでも仲良くなれること間違いありません!

えみさん
【La vie et (ラヴィエ)】
銀座 キャバクラ

えみ【La vie et (ラヴィエ)】

Q.「男性にきゅんとくる瞬間はありますか?」
A.「ギャップにきゅんとします❤」

 『えみ』さんは、ギャップがある男性にきゅんとくるみたいです。
LINEはギャップを作る絶好の場なため、意識してみるとよりキャバ嬢さんからの好感度が上がることでしょう!

ぜひ《ギャップを作る》ことも頭に入れながら、キャストさんとのLINEを楽しんでみてください。
 

LINEテクニック③:特別感を出す

LINEテクニック最後は《特別感を出す》ということです!
「君だけにこんなラインを送っている!」「ほかの子にはこんな話をしていない!」
というメッセージを送るテクニックは、キャバ嬢さんからの好感度を上げるために非常に有効な手段です!

例えば「ほかの誰にも言ってないんだけど、俺って実はオタクなんだよね…」など、会話の流れで特別に思っていることを伝えることができたら、好印象を持たれること間違いありません!

会話の中で特別感を出していくことを意識して、LINEを送っていきましょう!

かれんさん
【THE MARE(マーレ)】
津田沼 キャバクラ

かれん【THE MARE(マーレ)】

Q.「男性にときめく瞬間はありますか?」
A.「特別あつかいしてくれたとき」

 『かれん』さんは、男性から特別あつかいしてくれたときにときめくらしいいです!
LINEも同じように特別感を出したり、その子だけにやさしいメッセージを送るとキャバ嬢さんとの距離が一気に縮まることでしょう!

キャバ嬢さんにLINEを送る際は、ぜひ《特別感を出す》ことも意識してみてくださいね!

今回紹介したLINEテクニック
・相手に合わせる
・ギャップを作る
・特別感を出す
の3点を行えると、キャバクラで働くキャストさんからの好感度が上がること間違いありません!

ただ最初から全部行うのは難しいため、まずは1つでも自分ができそうなものからやってみましょう!

もちろん丁寧に返すことが前提なので、返信にかなりの期間が空いたり適当に返したりはしないように気を付けましょう

キャバ嬢とのLINEでよくある質問

キャストさんとのLINEは奥が深いということが分かっていただけたところで、ここからは『キャバ嬢さんとのラインでよくある質問』にお答えしていきます!
ぜひ、LINEを送る際や営業LINEを見分ける際の参考にしてくださいね。

Q1:キャバ嬢とのLINEは続けるべき?

A:状況による

先ほど紹介した『キャバクラの営業ライン』に当てはまる内容でメッセージを続けている場合は、基本的には“脈なし”なので続けない方が良いかもしれません。

ですが『脈ありライン』に当てはまる内容で会話をしている場合は続けないのはもったいない!
少しでも“脈あり”の可能性があるなら、キャバ嬢さんとのLINEは続けるべきです!

あとは《あなたの本気度》によっても変わってきます。
あなたが本気でその子に好かれたいのであればLINEは続けるべきですし、そうでもないならやめてしまっても構いません。

要するに《メッセージの内容&あなたの本気度》で、LINEを続けるかどうかを判断すると良いでしょう!

Q2:キャバ嬢は1人で何人のお客さんにLINEを送っているの?

A:人によるが、大体15~20人くらい

《夜遊びショコラ編集部》が調査したところ、大体『15~20人』くらいが多かったです!

ただし、あくまでキャバ嬢さんによって1日のLINE人数は大きく変わってきます。
多い人だと、1日で40~50人ほどとLINEすることもあるとか!

Q3:久しぶりLINEは真に受けるべき?

A:真に受けない方が良い

あまり行っていないお店のキャバ嬢さんから届いた『久しぶりライン』は、営業である可能性が高いので真に受けない方が良いです!

「久しぶり!」からの「お店に来てよ!」という感じでキャバクラ店へ営業されることが多いため『久しぶりライン』が来ても無難に返信すると良いでしょう。
本当にどうでもいい場合は、既読スルーやブロックしても構いません!

Q4:ぶっちゃけ営業LINEがうざい…どうすれば

A:既読スルーかブロック!

     営業LINEがあまりにもうざい場合は《既読スルー》もしくは《ブロック》しちゃってもOK!

「でも、嫌われたらいやだしなぁ…」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、営業LINEを頻繁に送ってくる時点であなたにはそこまで気がない可能性が高いです。

営業ばかりしてくるキャバクラ店のキャストさんにLINEを返すくらいなら、ブロックをして次のお店に行ったりほかの子を狙った方が圧倒的に有意義な時間を過ごせるでしょう!

なので、営業LINEがうざいなら思い切って《ブロック》して、次に行くことをオススメします! 

Q5:営業LINEの見分け方ってなんかある?

A:お店に促す内容は大体営業

     営業LINEの見分け方として、最も手っ取り早いのが「お店に来てほしい」という内容が送られているかどうか。
キャバ嬢さんが営業LINEを行う理由はただ1つで、お店に来て指名をしてもらうことです。
なので、お店に来て欲しい旨のLINEが来た時点でほぼ営業となります!

キャバ嬢から来るLINEについてまとめ

今回は《好感度なLINEテクニック》や《営業LINE・脈ありLINEの見分け方》について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
少しでも参考になったら幸いです!

何度も言うように、キャバ嬢さんからのLINEは営業であることがほとんどです。
ですがあなた次第で、次のステップに進めることは十分可能!
今回紹介した『キャバ嬢さんから見た好感度なラインテクニック』を駆使して“脈あり”にし、気に入ったキャストさんとより楽しいひと時を過ごしちゃいましょう。

あなたのキャバクラライフに幸あれ!

夜遊びブログ新着一覧

北関東エリア
キャバクラ求人なら【体入ショコラ】 ジョブショコラ